建設業者もびっくり!?史上最大のカジノTOP5

皆さんは、ギャンブルで遊ぶのはお好きですか?統計によると、日本の人口の50%が毎年1回以上ギャンブルをしているそうです。つまり、2分の1の確率でギャンブルしているということになりますから、おそらくこの記事を読んでいる方はyesと答える人が大半なのではないでしょうか?!日本人の半分がギャンブルをしているというのは、個人的には意外ですが、何だか嬉しいです。

カジノに行ったことがある方なら分かると思いますが、カジノは時間がゆっくり流れるような場所ではありません。すべてが光のような速さで物事が進み、キラキラしていて、まるで遊園地のようです。科学的研究によると、人間は、リラックスできる状況下では、より多くのお金を使うことが証明されています。遊園地でくつろげない人なんていないですよね!?

そこで今回は、ギャンブル好きの方に向けて、世界にある史上最大級のカジノランキングをご紹介してきます。では早速チェックしていきましょう!

       1. WinStar ワールド・カジノ

アメリカにあって、ギャンブルで遊び放題の巨大カジノ。正直言って、これ以上求めることはありませんよね!?WinStar ワールド・カジノは、もはやテーマパークそのものです。来場者数世界一のカジノというわけではありませんが、良いカジノであることは確かです。

このカジノが建つ広大な敷地は、約3万4千平方メートルにもなりますが、どれくらいの大きさが想像できますか?なんと、これはディズニーランドの2倍の広さに相当するんです!

         2. ザ・ベネチアン・マカオ

中国南部にあるマカオが、世界のギャンブル中心地としてのラスベガスの地位を脅かしていると言う人が増えていますが、あながち間違いではありませんよ。ザ・ベネチアン・マカオは、世界で2番目に大きいカジノであるだけでなく、史上7番目に大きな建物でもあるそうです。カジノゲームエリアには、3,000台以上のマシンと約900台のカードゲーム専用テーブルが用意されています。

          3. シティー・オブ・ドリームス

世界で3番目に大きいカジノもマカオにあると言っても、もう驚かないですよね。もしかすると、皆さんがこの記事を読んでいる頃には、このシティー・オブ・ドリームスが世界最大のカジノになっているかもしれません。というのも、2009年にオープンして以来、その人気ぶりのあまり、年々面積が拡大しているそうです。

          4. フォックスウッズ・カジノ

このカジノは、アメリカの先住民族であるマシャンタケット・ピクォート族が所有しています。スロットマシンとゲームを中心としたカジノで、約34,000台のスロットマシンと250台のゲームテーブルがあります。やはりアメリカは、世界のギャンブル中心地としての名声をなんとしても守るためには、あらゆる手を打たなければならないのだとよく分かりますね。

           5. ポンテ16

マカオの歴史的な湾岸エリアに位置するカジノで、ここでは望みが全て叶います。というのも、家族全員で楽しめるカジノだからです。もちろんお子さんはギャンブルなどしないでしょうが、6,000平方フィートの広さを誇る、アングリーバードがテーマのプレイエリアで遊べます。大人の方は、5つ星のフレンチホテルやスパで優雅なひと時を過ごして、ディズニーに出てくるお城のようなカジノでギャンブルができるのですから、家族旅行にはもってこいの場所です。

以上、世界の5大カジノをご紹介しました。今後いずれかのカジノに行く機会がありましたら、ぜひコメント欄にレビューをお寄せください。ギャンブラー同士、カジノでの体験をぜひシェアし合って、お互いに楽しみましょう!